lol魔境奮闘記

このブログは「League of Legends」のランクにおける、所謂「魔境」と呼ばれるDivisionにいる(と思っている)「TAGURU83」「KURAGERO」が、LoLをプレイしていて思ったことなどを書き込むブログです。

アサシンブーム

どうも、TAGURU83です。


最近私はアサシンがマイブームです。
Zed、Leb、Fizz、Akaliなど…
アサシンでキル出来た時の快感に病み付きになっております。
 しかし、アサシンというのは扱いに習熟が必要なチャンピオンが多く、経験の少ない私が使うと対面にボコボコにされるということがよくあります。
Feedするならアサシンするな、と言われるかもしれません。
ですが、練習しなければ成長しないのも事実です。
うまい人にご教授いただければいいのですが、生憎とプラチナ以上の方との親交はありませんし、
知り合いにアサシンに詳しい方もいらっしゃらないので、動画などを見て独学で学ぶことしかできません。 


味方には申し訳ありませんが、練習するにはノーマルに潜るのが一番手っ取り早いので、ブラインドピックで潜らせていただいております。
最近LebとFizzをはじめてみたのですが、どちらもトリッキーで扱いが難しいです。


私に足りないのは経験なんだなぁとしみじみと思った昼下がりでした。 

新年三連敗

新年初Ranked


記事のタイトルどおり、新年からRank回してました。結果はご覧のとおり幸先の悪いスタートです…。
昇格どころかGold5への降格が見えてきました…。
Laneで勝ってもその有利をうまく活かしきれないのが辛いですね。

Gravesの試合は序盤の調子がよくLaneでKillを稼いで育っていたのですが、チームプレイがどうも噛み合わず、バラバラな動きをしていました。

Asheの試合もうまく育てたものの相手のLuxが同じくらいに育っており、集団戦開幕直後にQ→E→Ultで前線が半壊するという悲惨な事態に。最後の集団戦はYiが突如暴走し真っ先に突っ込んで行って死んだ状態で戦い、数の差を覆せずに負けてしまいました。序盤に有利な状況だとどうしても気が緩んでしまうのか、自分でも雑なプレイが多くなってしまいます。勝っている時こそ気を引き締めてプレイしたいものですね。

WWの試合はかなり辛かったです。Fizzが2分に1回くらいのペースで死んでましたね。
Jaxも白ジャングルアイテムを買っているものの相手のジャングルに進入しない謎のプレイ。
自分もCho相手にガンプッシュされ、CSに必死で他レーンを助ける余裕もなかったです。
ひたすら相手に蹂躙されるゲームでした。

新年早々あまりよくない成績ですが、これにめげず今日もRankを回して行きたいと思います。
ところで、使用するチャンピオンはやはり1,2人くらいに絞ったほうがいいのでしょうか?
どうも使いたいチャンピオンが多く、その日の気分や相手のピックに左右されがちなのですが、どうするのがベストなのでしょうか…?

魔境の定義

これについては人によって意見が結構割れていますね。
銅が魔境だとする人や、銀までが魔境だという人、はたまた、ダイヤモンドまでが魔境だという人もいます。
私は、自分が魔境にいないと思えば魔境を脱出できると思っています。これから理由を述べます。



そもそも魔境というのは、一般的に見てプレイング及びゲームに対する理解度のレベルが低い人ばかりがいるレート帯のことだという風に私は解釈しています。

魔境にいる人は、うまい人から見ると可笑しいと思うようなプレイングが多いのです。そして、それは同時にlolのことをきちんと理解できていないということが言えると思います。かくいう私もその一人だと自覚しております。

 
では、魔境というのはどこまでがそうなのかというと、私は本人の心持ち次第だと思います。

lolをプレイすると味方のせいにしたくなってしまうことはあると思います。

「味方がFeedするから」「味方suppがward・サポートアイテムを買わないから」「味方ジャングルがgankに来てくれないから」 といった理由をつけて他人を批判して終わりにする、のではなく

「自分がroamをしておけば」「自分がジャングルにwardを置いておけば」「自分が積極的にpingを鳴らして味方に危険を知らせるなどしておけば」「自分が、味方が戦闘している時によっていれば」といった風に、自分の悪かった点を振り返り、反省をし、次にどう動けばいいかを考えてみるということをすることが重要だと思います。

そうすることで、魔境を脱出することが出来ると、私は思うのです。


つまるところ、魔境というのは本人が魔境だと思っているところが魔境なのです。そこが魔境だと自分で思っている限りは、Divisionが上がっても魔境を脱出することは出来ません。


人間、機械ではありませんから、誰しもミスをするものです。他人のミスをただ頭ごなしに攻めていては、相手がAFKしてしまうということもあります。AFKが出ると、数の不利が出来てしまうので、敗北する可能性がとても高くなります。
ですので、ただ他人を煽るのではなく、そのプレイングの何がいけなかったのかをできるだけ丁寧に説明できれば説明することで、相手も自分の言うことを聞いてくれる可能性が高くなります。
それでもAFK、言うことを聞かないなどをしたら、おとなしくリザルト画面でレポートしましょう。こうすることで確実にbadプレイヤーとマッチングする可能性が減るのです。


長くなりましたが、結局魔境を脱出するにはどうすればいいかというと、最初に言った通り自分がいるのは魔境ではないと思えばいいのです。 「味方がFeedしてしまったのは自分がそのレーンを助けにいかなかったからだ」「味方にpingを鳴らさなかったから相手にいらぬキルを渡してしまった」「自分がwardを刺さなかったから味方が奇襲されて殺された」等と言った風に考えられるようになれば、それは魔境を脱出したと言えると思います。

しかし、そういう風に考え続けていると自己嫌悪に陥ったりイライラしたりすることもあると思います。ですから、時にはリザルト画面で味方・敵のTrollを煽るのもいいでしょう(レポートされない程度に軽いものにしましょう)。またはAI戦などで無双をして気晴らしするのもいいでしょうし、ARAMなどをプレイして気分転換するのもいいでしょう。どうしても不調な時は、lol自体からしばらく離れるということも有効だと思います。


自己のメンタルケアをきちんとできてこそ、 優秀なサモナーと言えるでしょう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
サモナーネーム:TAGURU83です。主にLoLに関することとゲーム関連のことを呟いております。興味がある方はフォロー・リプをお気軽にどうぞ
サモナーネーム:Division
TAGURU83:S4ブロンズ S5ゴールド5 S6現在ゴールド1
KURAGERO:S4ゴールド S5シルバープラチナ3 S6現在ダイア5

LoLに関して思ったこと、考察、日記等を書いていきます。
指摘や指導、こうした方がいいなどの意見はいつでもウェルカムです。それ用の記事があるので、そこのコメントからお願いします。


League of Legends ブログランキングへ
ランキング参加しました
最新コメント